医療脱毛の特徴

医療脱毛とは、医療組織(クリニックなど)でおこなわれる脱毛です。

医療脱毛は、エステサロンなどでおこなわれる脱毛とはちょっと異なる点、医療脱毛のもち味について解説していきます。

真っ先に、エステサロンでおこなわれる脱毛との1番の差異は、脱毛機器の差異になります。

エステサロンでは、光脱毛(IPL脱毛、プラズマ脱毛)弱い照射が使用されますが、医療組織での脱毛は、強力な医療レーザーを使用します。

強力なレーザーを使用するため、ちょっとの間での脱毛ができるであり、その上、施術もエステサロンでの脱毛の二分の一以下ですみます。

医療脱毛では、医療組織という事で、有資格者(ドクター、看護師)がいて、充分にした研修をうけた医療従事者がいるため、よしんばの事があっても、その場で治療や薬を処方可能なため、迅速に応対でき、心配無用で安心な脱毛がおこなう事ができます。

その上、医者がいるという事で、肌の状況を見極めしながらの照射をするため心配無用感が相当あります。

ただし、悪いところもあります。

悪い面は、脱毛経費が高い事と、照射レーザーの出力が高いため、肌への負担が高い事、シミやホクロなどは火傷のリスキー性があります。

けれども、肌のステータスを見定めしておこない、その場で治療など扱って可能なため、脱毛出費以外はそこまでの悪い面にならないかもしれないです。

このように、医療脱毛では成果が高く、心配無用、確かな脱毛をうける事の可能な位置となっています。

脱毛に勤しむ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です